Entry: main  << >>
失神 3
 駅の雑踏の中、改札を出たあたりに寝転がってる。
そんな夢を見ていました。

 いろんな人の話声がうるさくて、
他にもいろいろ考えたいんだけど、いまいち
思考がまとまらん・・

なんか人が話しかけてくるなぁ。

て、おい!!

 俺、床に転がってねぇか、リアルに!!
なんか、血のついた手が見えてるけど、俺の左手だ、これ!!!
ていうか、喀血!?

「動かないでいいですよ。」
優しい声が聞こえてきます。
だ、誰?

 待て待て、落ち着け、えーと・・
これ、俺、倒れてたな、うん。
飲みすぎ?
いや、血が出てるし、重症なのかな?

こういう時、「ここはどこ?」って聞いたら
負けだ。何聞こうかな、えーと。

で、とりあえず、
「どれ位、意識を失ってましたか?」
冷静を装って聞いてみましたが、
もう少し何か心に響くコメントあったろう、って思います。

「3秒位です」と先生。

 誰かが頭をガーゼで押さえてくれます。
どうやら気を失った拍子に顔面を打って
流血したらしい。
血の出所がわかって、ちょっと安心。

 このあたりで、だいたい状況を把握しました。
診察中、失神したんですね。


 で、急に検査やら点滴やら、
すごいVIP待遇です。

 やっぱり結果が大事だ、患者と言えど。
元気そうじゃ駄目なんだな、うん。
大事な事を学んだような、失ったような。

 結局、「前立腺炎、脱水、疲労、などが合わさって、
さらに痛みが加わったので、血圧が下がって気を
失ったんでしょう」などと、言われまれしたが、
自分的にはヒザ打って失神。

いい夏でした・・


| vanilla46 | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode