Page: 2/7  << >>
スィーツ
 苺のフレンチトースト作りました。





 フレンチと言ったら卵なんですが、
卵の味が強すぎて苺が負ける気がして、
ここでは卵白しか使いません。

 いや、卵の味したっていいじゃないか、ええ、そうですね。
なんででしょう。

 話はウィーン在住の幼少期に遡ります。
書いててちょっと素敵な感じです。
きっと、そこがピークです、自分・・

 さて、当時ウィーンにはトプフェンというチーズと豆腐と
小麦粉のあいのこみたいな食材がありまして、
これで苺を中に入れて、団子みたいなのつくるんですよ。
まさに苺大福です。
それを茹で上げまして、甘いサクサクのパン粉を
ドバッってかけて、食べるんです。素敵ですね。

 その味の記憶がどうしてもあって、卵っぽくない
フレンチを作りたかったんです。
いや、どうしてもって程じゃないです、すみません。
できればという気持ちで。

 ちなみにトプフェンは日本では手に入りません、たぶん。
白玉粉に何か混ぜこんでトライしてみよう、その方が
近い気がします。
なんか今、気付きました・・

 とにかく、もう一度あれ食べたいなぁ、
と思ういろんな物の中でもトップランクに入る記憶の味。
そういうの、幼少期のスィーツに多い気がします。

 そういう引きずるような頬っぺたの記憶、
最近更新できてない気がして、焦る今日この頃・・
1月だって人より早く終わった気がします・・

えぇと、とにかく、2月も頑張ります!


 
| vanilla46 | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はちみつチーズタルト
 蜂蜜とチーズでタルトを作りました。

 なるべくレアのように仕上げたいんですが、
できれば焼きで作りたい。

 そんな訳で湯煎でぎりぎり火が入る程度で
あげてしまいます。

 「いや、もう少し焼いた方が・・」と
思う心に勝てるかどうか、ここが
ポイントです。

20100924135715.jpg

 
 で、皮をむいて蜂蜜に漬けたピオーネなどを
のせて出来上がりです。

よく頼まれます、割と。
| vanilla46 | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 秋と言えば、なんだかちょっと日本酒が飲みたい。

 もちろん、夏も飲みたいんですけどね。

 店長藤井が、フレッシュの葡萄と日本酒を
おもむろにシェーカーに投入して、華麗に
振ったのがこのカクテルです。

 「夏の余韻を感じる秋のイメージです」、とは
言っていませんでしたが、そんな感じの一杯。





 今年の秋も、飲んだり、食べたり、
いろいろと宜しくお願い致します。
| vanilla46 | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
甘いはなし
 フルーツとうもろこし。

 ちょっと前の話なんですが、
岐阜に帰省したスタッフのご両親からの差し入れで
頂きました。

 生で食べても甘いんですよ!
ゆでても、もちろん超美味!



 皮とかも、ツヤッ、ピシッってしてるし、
当然中の一粒一粒も、
もう、「スプラッシュ!!」っていう位瑞々しいんです。
すいません、興奮してしまいました。

 美味しいものってこういう物だぁ・・・
これにはかないません、ほんと。






 店長藤井もがぶりつき!です。
みんなで一瞬で食してしまいました。

どうも有難うございました!
夢の味でした・・・
| vanilla46 | 01:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
イチヂクのタルト
 イチヂクのタルト。

 もう、これはしかたない。
イチヂクがある限り、やらざるを得ないんです。
外食しても、メニューにあれば、頼まざるを得ない。

 何度でも言いますが、イチヂクが好きです、はい。




 これも何度も言いますが、去年、今年と不作なのか、
なんなのか、ものが少ないです・・
安定供給のために、人肌脱がないといけん!


 ついでに言わせてもらえば、
もう少し、きちんと熟してから収穫して欲しい。
輸送の段階で傷むのを嫌うのか、青いものが
多いです、なぜか。

 そして、良いイチヂク、高すぎ!!
 なめんなぁ!!つ、使えるかぁ!!

と、今日もぶつぶつ、つぶやきながら
頑張ります。ええ、がんばりましょう!
| vanilla46 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
イチヂク
 雨のせいか、去年もでしたが、今年もイチヂクが
いまいち良くありません。
出回りもかんばしくありませんね。

 熟れたイチヂクをこよなく愛する自分としては、
選挙も大事だが、こちらも大事。

 いちぢく農家に支援を、プリーズ!!
愛知に行って、まずはJAに要望書を提出したい気持ちで
今日もいっぱい、熟れいちぢくを探します。

 カリフォルニア、イラン産のドライイチヂクもよく
見かけるので、海外行くならそこら辺へ。
どこまでも広がるイチヂクの風景・・
夢は広がります。


そんな夢をのせて、毎年恒例フィグサラダ。

20100715054548.jpg
 

 ビワ。
いやぁ、こちらも最愛ですねぇ・・

| vanilla46 | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
チェリータルト
 アメリカンチェリーって言いますが、
ヨーロッパでもだいたいこの品種だと思います。

 幼少期、海外で近所のやさしいおばちゃんが
籠いっぱいくれたの思い出します。

 ちなみにですが、自分が海外育ちと言う事を、
だいたいのスタッフが信じません。

 で、チェリーなんですが、
取れたてはやっぱすごいフレッシュで
美味しいんですよ。

 これをタルトに使います。

 もう無理って位、乗っけて焼きます。
焼けて小さくなるとたいした量じゃないんです、ほんと。


20100616062926.jpg

シンプル。美味しい。よし!
| vanilla46 | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
枝豆のタルト 2
 枝豆のタルト、メニューに入れてみました。

 地味にただ「枝豆のタルト」と書こうと思ってたんですが、
メニュー作る時に間違った方をコピーしてしまって、
なぜか「枝豆のモンブランタルト」になってしまいました。

 モンブラン、この期待に胸躍らせる響きに恐れをなして
いたんですが、枝豆のタルトじゃ地味過ぎて誰もオーダーしない
危険もあるという事で、結局モンブラン付きのネーミング。

 ふぅ、荷が重い・・・

 でも、頼んでみて下さい!
野菜スイーツ好きなら、気に入って頂けると
思います、はい。

 多分、きっと・・・
| vanilla46 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
枝豆のタルト
 枝豆のタルト作りました。

 枝豆のモンブランにしようと思ったんですが、
いかんせんモンブランの名前はプレッシャーが
かかり過ぎる・・
謙虚にいこう、謙虚に。
と言うわけで普通にタルト。


 まず、枝豆たくさん、茹でます。
それをむいて、すり鉢でペースト状にします。
これ、絶対にフードプロセッサー使った方が
いいです、次回は必ずそうしよう。

 きび砂糖を混ぜて、枝豆ペースト作ったら、
別に作った甘さ控えめの小豆のあんこを、
焼いたタルト型にしきます。

 その上に豆腐を混ぜたホイップクリームを
のせて、さらに枝豆のペーストを・・ってめんどくさ!!

なんだか、作ってて嫌いになりそうです。


20100616062848.jpg
  
 
 でも食べたら美味しかった。
なんかモンブランっぽいし。

若干、賛否両論な部分を残しますが、
こういう料理は・・・

マイナーチェンジして来週位には
メニューに入れてみます!
| vanilla46 | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
梅雨時
 梅雨っぽい。

 これ、ミストサウナだと思い込んで
明るくなってきた曇天を見上げますが、
べた付くだけの不快指数にからまれるだけでした。

 しかし、この時期、けっこうやる事が多いんです。
梅仕事ですね、はい。

 とりあえず、梅酒漬けないと。
梅酒、梅バーボン、梅スコッチ、ブランデーも今年は
トライしたい所。

20100616062910.jpg


 一言だけ言えるならば、尋常じゃなく重い。
梅が、砂糖が、酒が・・・
もう全部10キロ単位ですから。

 そして、雨がべた付く。
もう、こんな天気、飲みにいくしかありませんよ!!



| vanilla46 | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode